スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ☆盆栽

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

室戸岬 報告書

室戸岬の動物相:
四国ではあるが、緯度が低いため温暖な環境となっているのだろう、海中にはサンゴ礁があり、海岸にはサンゴの欠片が多く打ち上げられている。サンゴには詳しくないため種類はよくわからないが、打ち上げられているサンゴ片のコロニーパターンには何種類かある。

室戸岬のサンゴ


貝殻はイモガイ類とタカラガイ類、南方性のニシキウズ科の巻貝(ウズイチモンジ等)が多く打ち上げられているが、海が荒いため磨耗が激しい。波が荒過ぎるためか、トコブシなどのアワビ類が生貝のまま打ち上げられているシーンに何回か出会した(その度、密漁と間違えられないか心配になる)。カサガイではマツバガイが多い。8cmほどのアワビと見間違えるほどの大型のマツバガイを1個体見た。
イモガイ類では、Cellular Automataを連想させるタガヤサンミナシ、マダライモ、他2種ほどが打ち上げられていた。いずれも磨耗が激しい。マガキガイも多かった。
タカラガイ類では、ハナマルユキダカラが非常に多い。三浦などで採集されるハナマルユキダカラよりも殻は重厚で、殻口部が平坦になっている。2番目に多く見られたタカラガイがカモンダカラ、次がチャイロキヌタであった。他、ヤクシマダカラ、コモンダカラが採集された。ハナビラダカラ、キイロダカラ、メダカラは見られなかった。
二枚貝類はほとんど見られなかった。イガイ類さえ見られなかった。ケガキ程度である。それほど海が荒いということを意味している。

室戸岬で貝採集を行う場合、打ち上げられた貝殻を拾うという手段がメインとなる。シュノーケルを使い素潜りで貝を探すという手段は、実際に潜っている家族連れもあったが、非常に海が荒いため危険と考える。

室戸岬_岩礁_3


ただ、貝殻が打ち上げられる場所は、自分が見た限りおよそ20mほどの範囲の黒い砂利の浜ただ1箇所に限られており、その場所以外は数メートル大の岩がゴロゴロと積み重なっている場所になっていて、人が入れない。「乱礁散歩道」という遊歩道があり、端から端まで歩いて浜を見たが、人が入れそうで、かつ貝殻が打ち寄せられそうな場所は他には見つけられなかった。

室戸岬_岩礁_1


室戸岬_岩礁_2


室戸岬_岩礁_4


遊歩道には赤いベンケイガニ類がいる。道路には猿がいたりする。蝶類はモンキアゲハが多く、その次にナミアゲハが多い。他、白いミスジチョウの類を見た。また、道路横でヤマガラを見た。

アカテガニ_12Aug2014_mini


ニホンザル_12Aug2014_mini


ヤマガラ_12Aug2014


他の採集ポイント:
高知県佐喜浜町尾崎
徳島県小松海岸

チャバネアオカメムシ

新しいカメラでマクロ写真の練習をした。
被写体:チャバネアオカメムシ

チャバネアオカメムシ_mini

これを撮るだけで50枚は撮っていた。昆虫写真のためのレンズを買わなければ、これ以上は近付けないらしい。昆虫は一般に小さいため、距離が離れ過ぎると小さく写り、そうなると画素数の限界が目立ってくる。レンズは必要ということか。

ミミイカの動画

YouTubeで探した。下は、もの凄くよく撮れている動画。
最後の砂に潜る姿がかわいい。




イカ・タコガイドブックイカ・タコガイドブック
(2002/04)
土屋 光太郎、阿部 秀樹 他

ナガゴマフカミキリ

自宅前にて、地面に変わった昆虫がいることに気付く。何だろうと拾い上げてみると、ナガゴマフカミキリだった。
夏ですね!

ナガゴマフカミキリ-1

ナガゴマフカミキリ-2

先日はクワカミキリがいた。

ヒッチコック問題

ここにきてようやく、人生が面白くなってきた。

-----------------------

夕方、自宅近くでアゲハ蝶類の蛹を見つけた。緑でかわいいが、倉庫の白い壁には目立つ(最初は小さいカマキリが付いているのかと思った)。変化の象徴と言われる蝶々の蛹。分岐点に来た自分へのプレゼントなのか、はたまた何かの暗示なのか。深読みはやめて、とにかく緑の蛹はかわいい。

ageha-cocoon1.jpg


あの時

明日の調査準備:

気象庁・潮位表


干潮は11:00前後

活動時間:
09:30~12:30

list:
アオウミウシ
ムカデミノウミウシ
赤いカヤ(種不明)
フジツボ類、目につくものすべて
風景写真


06:30 起床
07:30 出発

15:30 帰宅
18:30 E地区
19:00 スポーツセンター

ヤモリのねどこ

大学に本を返しに行く道中、コンクリートの壁を見ると、排水管の中から顔を出していたヤモリとたまたま目が合った。

yamori-s.jpg

鈍いので近付いても奥へ入っていくことはなかったのだが、覗き込むとさすがに闇の中へ逃げた。曲がった木の枝で尻からつついてみると、出てきた。かわいい。しなやかである。

返しに行った本は良書だった。分厚い洋書である。A4より大きなサイズで、千ページはあり、重い。2013年に再版されるらしく、私は買うことになるだろう。
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。