スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Projection(gnuplot: dots palette使用)

gnuplotのscatterplotのような関数で下図を作るその方法:

projection


gnuplot> set term postscript eps enhanced color
gnuplot> set output "picture.eps"
gnuplot> set xlabel "R@^{2}_g"
gnuplot> set ylabel "{/Symbol S}{/Symbol q}"
gnuplot> set zlabel ""
gnuplot> set xrange [24.0:28.5]
gnuplot> set yrange [21.0:28.0]
gnuplot> set zrange [28.0:38.0]
gnuplot> set cbrange [3:8]
gnuplot> splot "data.dat" using 1:2:3:4 with dots palette ti ""

スポンサーサイト

R: 色の異なる点を同時にプロットする

Rで色の異なる点を重ねてプロットするには次のようにすればよい:

> rrr <- c(8.2,8.5,9.0)
> png("T20000whole.png",width=445,height=290)
> ggplot(data1,aes(x=data1[,1],y=data1[,2])) +scale_colour_gradient(breaks=rrr,name="CageSize")+ geom_point(aes(colour=data1[,3])) +xlab("temperature")+ylab("C(20000)")
> dev.off()


特に「scale_colour_gradient」の部分で「breaks」を指定すると、凡例が適切となる点に注目。data1の3列目に色の違いを命令する番号が振ってあり、1列目でx軸、2列目でy軸を指定している。

geom_point

点の形はgeom_point()の中でshape=19とすると円になる(上の画像は指定していなかったので、形が崩れている)

カラーマップの色調の調整

今日行ったgnuplotによるカラーマップ(pm3d map)描画
rgbformulaeにより色を指定したあと、cbrangeでカラーバーの範囲を調整すると適切な色調のカラーマップが描画できることが分かった。

gnuplot> set pm3d map
gnuplot> set palette rgbformulae 22,13,-31
gnuplot> set xrange [0.15:1.4]
gnuplot> set yrange [100000:200000]
gnuplot> set cbrange [-0.2:0.4]

gnuplot> set xlabel "TEMPERATURE"
gnuplot> set ylabel "{/Symbol t}"
gnuplot> set term postscript eps enhanced color
Terminal type set to 'postscript'
Options are 'eps enhanced defaultplex \
leveldefault color colortext \
dashed dashlength 1.0 linewidth 1.0 butt \
palfuncparam 2000,0.003 \
"Helvetica" 14 '
gnuplot> set output "X82.eps"
gnuplot> splot "totT_test82.dat" using 3:($2*10):4 ti ""


colormap
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。