スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュアルブートしていたUbuntuが起動しなくなるトラブル

注意:このページに書いてある内容は参考になりません。結果失敗しているので。

問題が発生した。
家に帰ったらWindowsのPCが閉じて再起動したようなのだけど(パソコンの機種はDELLのInspiron)、何が起こったのかは分からないが、デュアルブートしてあったUbuntuが起動できなくなっていた。OSを選択する画面で「Windows Vista」の下に表示される「Ubuntu」を選択すると、勝手に再起動する。たぶんEscキーを押した場合と同じ動作である。
困るのは、Windows側からUbuntu側のファイルを見れないということ。逆はできるんだけど、こうなると、Ubuntu側のいろいろな論文が救出できない。

なのでLinuxでファイルを操作する必要がある。似たような事態になったことがあったから、それと同様の対応をすることにする。

①Knoppixをダウンロードし、今使えるWindows VistaでCDに焼く
  Knoppixのページ(一番上の最新版リストに表示されるCD版をダウンロードした)
  詳しいページ

②BIOSの設定を変更し、Knoppixを起動する
やり方:
Knoppixのisoファイルをダウンロードしてきても、これをそのままCDに焼けばいいというものではない。こちらのサイトにある手順に従い、isoを使ってKnoppixを動かすためのCDを作成する。使用したCDManipulatorというソフトをダウンロードして使った。

(Knoppixは、たしか作ったおじさんが、CD1枚でシステムを持ち歩けるようにする、という動機から作られたものだった、ような・・・・)

その後(DELLのInspironではこれでうまくいきました):
①KnoppixのCDがPCに入った状態で起動する。
②BIOSからSetUpに入る(起動してすぐにF2あたりを押す)
③BootDeviceConfigurationの項目内で、FirstBootDeviceをCDROMに設定する
④必ずsaveしてBIOSを出る
⑤Knoppix起動
Windowsのファイルであればこれで救出可能。なのだが、デュアルブートしたUbuntuのデータ救出には失敗した。

次に試したこと:
UbuntuのISOイメージを焼いて起動してみる。
①上に書いたKnoppixと同じ手順でISOイメージを作成した
②CDからUbuntu起動
 →Try Ubuntuを選択
③・・・・ダメだ・・・検索しても出てこない。Windows側のファイルは全部見れるのに・・・・どういうことだ??

どうやら完全にUbuntu側が死んだらしい。参考にならないな。

Ubuntuは再インストールが必要かな・・・・めんどいな。
RのggplotやPythonのmatplotlibを使いたいから、そうなるとWindowsだといろいろと厳しい。PC2台目を買って、Ubuntuのみインストールして使うというのもありなんだけど、自宅にデスクトップ二つというのもどうかと思うし、買うならノートPCだし・・・・

→ 今の死んだUbuntuのアンインストールが必要。再インストールも必要。たしかVistaの場合、IMEか何かが悪さをするはず。Wubiを使えばいいはず。

Cyprus旅行の下調べ

ビザについて↓

【ビザ】キプロスでの総滞在日数が90日以内であれば、ビザは不要。それ以上の滞在になる場合は、キプロス共和国名誉総領事館でビザの申請を行う。
【パスポート】入国時に、滞在日数に加えて90日以上の残存有効期間が必要。
※出入国カードの記入は必要ない。

http://www.arukikata.co.jp/country/europe/CY_travel_1.html

キプロス旅行ガイド
http://www.hoteltravel.com/jp/cyprus/guides/travel_tips.htm

現地通貨を事前に手に入れる → 三井住友銀行・外貨両替コーナーで可能
ラルナカ周辺の通貨はユーロ(のはず)である。
前はキプロス・ポンド、そしてトルコ・リラだった。トルコ・リラは健在?

ウェストポーチがあった方がいいらしい。 → ウェストポーチではないがバッグを購入した。

キプロスの電気:
電圧は220Vで周波数は50Hz、プラグの形状はUKタイプ。

電池についてはよくわからんが、どうやら機内持ち込み可のようだ。工業用制御装置とかでなければバッテリー関係で制限が掛かり持ち込みできない、ということはどの国もそうないらしい(ただ、あるにはあるようだ)。


08/09追加分:

キプロスでの携帯電話の使用について:
NTTdocomoで「国際ローミングサービス」というサービスがあり、NTTdocomoが海外の通信会社と提携していて、海外の電波を使えるようにすることができるらしい。主要な都市はカバーしているようだ。私の携帯はXperia acroで、3G+GSM対応機種である。

iモードからも契約可能らしいが、Xperiaでiモードが使えるのかな?、というのと、いろいろ不安ということで、今日はドコモショップに行ってきます。たぶん間に合う。

課金システムが日本と異なるようだ。
http://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/outline/check/

WindowsでEclipseの中にPyDevを設定しPythonプログラムの開発環境を整える

Windows側でPythonのプログラミング演習をしたいが、eclipseで行うことにした。
eclipseでPyDevというPythonIDEを使えるようにしておく必要があるらしく、その作業を行った。

まず、ネットで調べても、情報が古過ぎて配布元のアドレスが異なっているなどのトラブルが生じ、時間が掛かってしまった。

2011年8月の時点では、次のサイトが参考になった。
http://www.isl.ne.jp/pcsp/python/python03.html

Windows用のPython環境は次のサイトで入手できる:
http://www.python.jp/Zope/download/pythoncore

Vistaで環境を作ったが、C:\Python32という場所にインタープリタは入った。これをeclipseのPyDev設定時に入力しておかないといけない。

Pythonの3.0以降のバージョンをインストールしたため、テスト用に

print 'Hello world'

と入れても、「syntaxerror invalid syntax」と出て、焦ってしまったが、これはバージョンが新しくなり文法が変えられたためで、実際に文法のミスであって、eclipseの設定ミスではない。
正しくは、

print ('Hello world')

と括弧を付けなければならない。


内容に乏しく不親切な記事ですが、誰かの参考になればと思います。
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。