スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ray's Pulse Model

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

アクアシウム (Aquasium 16-Aq)

Gray-Scottモデル パラメータBetaのカオス振動



gnuplot> set ylabel "avr(u1),avr(u2)"

gnuplot> set yrange [0.15:0.6]

gnuplot> plot "plotdata2.dat" using 1:2 with lines
linewidth 0.5 ti avr(u1)",
"plotdata2.dat" using 1:3 with lines linewidth 0.5
lt 3 ti "avr(u2)"

gnuplot_lines_05Dec2012-1.png

gnuplot_lines_05Dec2012-2.png


今日の出来事:
・The Dark Knight Risesを買った。
・Gray-Scott Betaのグラフ化
(↑1年前に考えていてようやく今日実行)

昨日の出来事:
・近くのスポーツクラブに入場(入会は先月、今回初トレ)
・小学校・中学の同級生に遭遇(Uさん)

日曜以降、フットサルのため体幹以下すべて筋肉痛

CygwinへのGMTインストール方法

大枠このページと一緒である。

ただ、以下の相違点があった:


環境変数Pathは
C:\gmt4\bin;C:\netcdf\bin;C:\cygwin\bin


netcdf-3.5.0.win32bin.ZIPは以下からダウンロードしてくる:
http://www.gfd-dennou.org/arch/ucar/netcdf/contrib/win32/


3.の手順でzipファイルを解凍しても、Windows8ではGMTというフォルダが唯一つ出現するのではなく、例えば「GMT_coast\GMT」という形で出てくる。すべて統合しなければならない。


zipファイルを解凍後、GMTというフォルダへ統合するが、そのフォルダは「GMT4」という名前にしてからCドライブ直下に保存する。


こうしないとエラーメッセージが出る。
例:
C:\GMT4\share\PS_font_info.d: No such file or directory
GMT Fatal Error:


結果、以下のコマンドで日本地図が描けた。

pscoast -Jm1:25000000 -R120/155/20/50 -W > map.eps


gmt_cygwin_test1.png


追記:
Windows8、使いづらいよ。7って傑作だよな。


+chronos


追記:
VistaPCでも環境を再現した。
ASUSのGMT4フォルダをコピーし、Cドライブ直下に置いて、かつ、Pathを「C:\gmt4\bin;C:\netcdf\bin;C:\cygwin\bin」としたのであるが、次のエラーが出るようになった。

C:\GMT\share\PS_font_info.d: No such file or directory
GMT Fatal Error:

-bash: /cygdrive/c/gmt4/bin/pscoast: No such file or directory

GMT4フォルダをコピーし、GMTという名前で保存しておくと通るようになった。

続きを読む

Gutenberg-Richter則

確率過程の理論的関心も高い、地震学分野におけるグーテンベルク-リヒター則(Gutenberg-Righter law)を、日本周辺における地震のオープンデータで確認する。
次のサイトからデータを得た。

地震加速度情報の検索ページ

1997年3月6日からデータが始まっている。その時点から現在までの16年分のデータを借りる。
地震発生時刻、震源、マグニチュードに注目する。

Gutenberg-Righter則を再現するには、震源が「日本周辺」であるデータに限って集計に入れる必要があり、例えばインド洋で発生した地震でも日本に揺れを及ぼす場合があるが、そういうデータを入れてはならない。

# Gutenberg-Righter law
data <- read.table("EarthquakeJapan.dat",header=F)
data <- data[data[,4]>=3.0,] #M3.0以上に限定
deletelist <- read.table("deletelist.dat",header=F)
data <- data[is.element(data[,3],deletelist[,1])==FALSE,]
temp <- as.matrix(data[,4])
temp <- as.numeric(temp)
plotdatay <- hist(temp,breaks=seq(3,9.1,0.1))[[2]]
plotdatax <- hist(temp,breaks=seq(3,9.1,0.1))[[1]]
plotdatax <- plotdatax[c(1:(length(plotdatax)-1))]
plotdatay <- plotdatay[c(1:47)]
plotdatax <- plotdatax[c(1:47)]
pdf("Gutenberg_Righter_law_1.pdf", height=6, width=8, pointsize=14)
plot(plotdatax, log(plotdatay/length(data[,1])),
xlim=c(3,9), ylim=c(-10,-2),
xlab="magnitude", ylab="log(N/Ntot)")
result <- lsfit(plotdatax,log(plotdatay/length(data[,1])))
abline(result,col="#DB0005", lwd=0.5)
dev.off()

result$coef
Intercept X
3.115510 -1.601156

Gutenberg_Righter_law_1_1.png



国外のデータを含めてしまうと、M7程度の大きな地震を余計に集計する結果となり、結果に異常が出る。

# Gutenberg-Righter law (default data)
data <- read.table("EarthquakeJapan.dat",header=F)
data <- data[data[,4]>=3.0,] #M3.0以上に限定
# deletelist <- read.table("deletelist.dat",header=F)
# data <- data[is.element(data[,3],deletelist[,1])==FALSE,]
temp <- as.matrix(data[,4])
temp <- as.numeric(temp)
plotdatay <- hist(temp,breaks=seq(3,9.1,0.1))[[2]]
plotdatax <- hist(temp,breaks=seq(3,9.1,0.1))[[1]]
plotdatax <- plotdatax[c(1:(length(plotdatax)-1))]
plotdatay <- plotdatay[c(1:47)]
plotdatax <- plotdatax[c(1:47)]
pdf("Gutenberg_Righter_law_2.pdf", height=6, width=8, pointsize=14)
plot(plotdatax, log(plotdatay/length(data[,1])),
xlim=c(3,9), ylim=c(-10,-2),
xlab="magnitude", ylab="log(N/Ntot)")
result <- lsfit(plotdatax,log(plotdatay/length(data[,1])))
abline(result,col="#DB0005", lwd=0.5)
dev.off()

Gutenberg_Righter_law_2_1.png



ちなみに消去したデータは以下:

台湾付近
東シナ海
ニューギニア付近
中東
朝鮮半島南部
?
中国西部
カムチャツカ半島付近
ニュージーランド付近
南極付近
南米西部
インドネシア付近
ウラジオストク付近
中米
北米西部
地中海
インド洋
フィリピン付近
中央アジア
インド付近
マリアナ諸島
グアム付近
南太平洋
中国東北部
アリューシャン列島
南大西洋
シベリア南部
北東太平洋
インドシナ半島付近
アフリカ東部
シベリア付近
オーストラリア付近
中国中部

+chronos
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。