スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷりり

描画するポリゴンが詳し過ぎるため単純化させようとthinnedSpatialPolyを使おうとしたのだが(R maptoolsライブラリ)、
length(Sr@polygons) == nrow(data) is not TRUE
などというエラーが返されて使用できなかった。
都道府県色分け地図をR maptoolsで作る場合、県境をグレーにして汚さをごまかすという方法でも実用上問題がない気がしてきた。都道府県のポリゴンに色が付いていたら色の方に目が行くだろう。

datashp <- readShapePoly("kenkyo",proj4string=CRS("+proj=longlat +datum=NAD27"))
pdf("kenkyotest_17May2015.pdf",height=20,width=20,pointsize=14)
plot(datashp,lwd=0.1, col="purple", border=grey(.5))
dev.off()

par(mfrow=c(2,1)) # 2つプロットできるらしい

kenkyotest_17May2015_410.png



明日:
viewportがどんな値を持っているのか、まともな動作をするOpenGL UIで確認する。
スポンサーサイト
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。