スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacでOpenCL開発環境を設定する

XcodeでC++の開発環境の整え方を調べることにした。OpenCLの操作はこの前購入したMacBook Airで可能なのではないかと思われたため。自分が持っているWindowsのPCではどれもOSもしくはグラフィックスボードの問題でOpenCLは動かない。
参考にしたWebサイト:
https://peta.okechan.net/blog/archives/2538
OS X → Application → Command Line Tool を選択。

Macは本当にわからない。慣れるなんて日が来るのだろうか?

Mac Book AirでOpenCLカーネルをビルド、実行できることが確認できた。
clCreateProgramWithSource関数を使い、ソースファイルからビルドする方法を採用した。ソースファイルのパスがわからなかった。フルパスで指定するとうまく行く。
スポンサーサイト
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。