スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

R: 画像の出力方法

Rで描いた図をpng形式で出力する際、大きさ、縦横比を指定する方法:

png("figureX.png",width=450,height=450)


などとした後、プロットコマンドを入力し、「dev.off()」と入力する。

一度大きさ・縦横比を指定したら、出力ファイル名を変えない限り(あるいは作業フォルダから同じファイル名の画像を削除しない限り)最初に指定した大きさ・縦横比でRは出力してくる。元のファイルをゴミ箱に捨てるとこの問題は解決し、大きさ・縦横比を指定し直せる。

eps形式で保存する方法もあるが、pngの方が美麗・高精細であることが経験的に判明している。理由は知らない。gnuplotの場合はepsであるべきだが、Rの場合はpngで保存するべきであると私は考えている。
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。