スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーノフの顔グラフ

多変量データの分析に、チャーノフの顔(Chernoff face)と呼ばれる一風変わったグラフが用いられることがある。
多変量データは、高次元になると図示しにくい。それは、人間が多変量データに合った、定量的な認知機能をほとんど持たないことに起因する。しかし、人間が人の顔を識別する際には多変量の機微な変化を捉えており、それはイラストの顔でも言えることである。イラストの顔を識別する人間の視覚的な能力を利用して多変量データを表す方法が考案されており、それがチャーノフの顔である。
Rのaplpackパッケージを使いチャーノフの顔グラフの描画を行った。

cancer_pref_chernoff_face_06May2014_facetype1.png

チャーノフの顔の名前は、発明者Herman Cherrnoffにちなむ。

データ出典:
国立がん研究センターがん対策情報センター
人口動態統計によるがん死亡データ(1958年~2012年)



他のパターン(サンタクロース):

cancer_pref_chernoff_face_06May2014_facetype2_50.png
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。