スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeX

geditでtex文書を書く場合、「名前をつけて保存」とし、エンコーディングを「EUC-JP」にする必要がある(でないと文字化けする)

tex1.png




目次は以下のようにしても、2回以上コンパイルしないと表示されない


   ・
   ・
   ・
\begin{document}
\maketitle
\thispagestyle{empty}
\newpage
\pagenumbering{roman} %目次ページはローマ数字
\tableofcontents
\newpage
\pagenumbering{arabic}%本文頁はアラビア数字

\section{Introduction}
   ・
   ・
   ・





platex実行時のエラーメッセージの処理
platexコマンドによりUbuntuの端末で.tex文書をコンパイルしようとすると、スタイルファイルのコマンドの一部が「定義されていない命令」と見なされるらしく、大量のエラーメッセージを吐き出したあと、コンパイルに成功する、という現象が起きる。文章が短い場合はEnterの連打で何とかしていたが、長いとエラーメッセージの量が半端ではなくなり、Enter連打でも40秒は掛かるようになってきた。「platex tex エラー 出力しない 抑制」などと検索してもこのエラーを何とかする方法は出てこなくて、仕方がないからもう一度tex文書をコンパイルしてみて、「yes」とタイプしてみると、今度は次のメッセージが出てきた:

Type to proceed, S to scroll future error messages,
R to run without stopping, Q to run quietly,
I to insert something, E to edit your file,
1 or ... or 9 to ignore the next 1 to 9 tokens of input,
H for help, X to quit.


、つまり、「Shift+s」=「S」を押せば、全メッセージが自動でスクロールされる、のか。
知らなかった・・・・知っていたかもしれないが忘れていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。