スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Market

DSCN2462s_convert_20110826094810.jpg

Conctaza城稜近くを通り掛かり、先ほどの青果市場が見えてきた。どんな様子なのか見たいので入ってみることにした。売店屋台の横を通り過ぎて入るのだけど、どうやら入場料などはないようだ。
市場の中の呼び声・会話のほとんどはギリシャ語で、賑やか・活気づいている。スーパーで見たような楕円のスイカ、ヨーロッパの市場らしいマスカット類等々がゴトゴトと売られていた。
小さな果物を売っているおばあさんがいて、角切りにした何かの果物を食べていたんだけど、話し掛けてみた。

"Is this apple?"

赤くて小さいリンゴみたいな果物を指差しながら訊ねてみた。
(いま考えると何という中学英語だろう(笑)。しかも冠詞an抜けてるし)

おばあさんはギリシャ語で答えた。

"I δαμάσκηνο. Ήταν νόστιμα"

??、わからなかったが、とりあえずリンゴではないらしい。よく見てみるとスモモの類のようだ。ミニリンゴだと思った。

"Can I buy it? How much?"

すると、やはりギリシャ語だった。

"€ 1,5 στο 1 κιλό"

わからなかったが、「キログラム単位で売られていて、キロごとでしか買えない」、ということが理解できた。

"Oh, nono, sorry , maybe I can't eat kilograms of this....(笑) Can I buy one?"

すると、変なアジア人が来ていると興味を持ったのか、おばあさんの旦那さんらしきおじいさんが来て、笑顔でギリシャ語で何か言う。どうやら、「1個ならあげるよ、もっていきな、無料だ(free、と最後、英語で言ってくれた)」と言っていたらしい。

"Oh, really!? mmm....Thank you very much!! Can I take a picture?"

すると、おじいさんがまた何か言うが、よさそうな雰囲気答え=Yes)である。写真を撮らせてもらった。なんか、こういう写真見ると、海外に来たって感じするよな。

DSCN2463s_convert_20110826094827.jpg

おじいさんも座って、おばあさんと果物を食べ始めた。

市場の中では、いろんな屋台の主が客寄せで声を出している。パーム油らしきボトルを売る屋台で、小麦色の太った裸の男が小さい椅子に座りながらギリシャ語で呼び掛けていて、市場で一番の大声だったので印象に残っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。