スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntuのインターネット光回線接続方法

ADSLではLANを差すだけで自動でインターネットに接続できたのだが、光回線になってからは手動で設定を行わないとLANを差してもFireFoxはネットに接続されなくなってしまった。その場合の接続方法を紹介する。

プロバイダにはOCN フレッツ光、So-net、@nifty、ぷらら、などなどがあるが、プロバイダ依存性もあるかもしれないので、ここで紹介する方法は万能ではないかもしれない。
(Ubuntuのバージョンは10.04、Windows Vistaとデュアルブート)

特に難しいことはない。適切に設定が行われたモデムから伸びるLANをPCに繋いだ状態で、ターミナルを起動し、以下を実行する:

sudo apt-get install pppoe pppoeconf
sudo pppoeconf

IDとパスワードを入力

参考:
Ubuntu日本語フォーラム ubuntuでインターネット

今回、再度Ubuntuに乗り換えることにした。Mac miniで数値計算を行うと、UbuntuとWindows Cygwinで整合性のある数値計算結果が、Macでのみ合わない、という結果が出てくることが判明したためである。一週間かけて誤りを調べたが見つからなかった。これ以上Macのためだけに時間を掛けるのは得策ではないため、無料な上に高機能なUbuntuで十分だという判断により乗り換えた。Macは便利なOSなのだと思っていたのだが。コマーシャルがうまいというだけなんだろうか。大学の学生用端末は、学生の勉強のためにも、全部Linuxにするべきだと思う。大阪大学の情報センターは全部Linuxのはず。

Ubuntu11.10にログインできなくなった

Münchenへ発とうとしている直前、Austriaでの予定を書き込んでいたUbuntuのテキストファイルをXperiaに保存していなかったことに気付いて、急いでPCを立ち上げて、Ubuntuを起動すると、ログインできなかった。こういうことがあるからUbuntuで作ったファイルはデュアルブートしてあるWindows側のフォルダに保存するようにして対処しているんだけど(今回も結局Windowsを立ち上げてファイルを拾ってきた)、ログインできないままでは困るので対処法をドイツからの帰国後に調べた。以下のサイトが参考になったが・・・・

Ubuntu 11.10にアップグレードしてログイン出来なくなった(すぐログイン画面に戻る)ときの対処方法

.Xauthorityなるファイルを削除すればよいらしいのだが、これでもログインはできないまま。対処法があったら誰か教えてほしい。

ubuntu 11.10 日本語入力設定方法

ubuntu japanese input
などで検索し、結果、設定方法がわかった。少なくとも自分の場合はうまく行った。


0.画面右上のキーボードを模したアイコンをクリックし、するとIbusの設定、というのが開くはずなので、「インプットメソッド」のタブを開き、 「インプットメソッドの選択」の両矢印ボタンを押す。ここで日本語が出ればそれを設定すればよい。だが、自分の場合、これが出なかった。以下がその場合の対応である。
1. 画面左の「Dashホーム」から「Synaptic パッケージマネージャ」を検索し、インストールする。
2. 「Synaptic パッケージマネージャ」をインストールしたら、ibusとibus-anthyを検索し、両方とも再インストールする。
3. 「Synaptic パッケージマネージャ」から「Language Support」を検索し、「言語のインストールと削除」で日本語の箇所を調べ、日本語を一旦削除する。そして更に再度日本語をインストールする。
4. 再起動する。
5. 画面右上のキーボードを模したアイコンをクリックし、「インプットメソッド」のタブを開き、 「インプットメソッドの選択」の両矢印ボタンを押す。ここで日本語が出ればそれを設定すればよい。自分はこれで設定できた。


今日、Windows7にデュアルブートしてUbuntuをインストールしたのだけど、あまりに設定が簡単だったために逆にムカついてしまった。2年前ぐらいにVistaで設定したことがあったが、結構苦労した覚えがあるんだけどな。


本日の本:

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
(2009/11/25)
マネー・ヘッタ・チャン




本日作成した動画:


 

デュアルブートしていたUbuntuが起動しなくなるトラブル

注意:このページに書いてある内容は参考になりません。結果失敗しているので。

問題が発生した。
家に帰ったらWindowsのPCが閉じて再起動したようなのだけど(パソコンの機種はDELLのInspiron)、何が起こったのかは分からないが、デュアルブートしてあったUbuntuが起動できなくなっていた。OSを選択する画面で「Windows Vista」の下に表示される「Ubuntu」を選択すると、勝手に再起動する。たぶんEscキーを押した場合と同じ動作である。
困るのは、Windows側からUbuntu側のファイルを見れないということ。逆はできるんだけど、こうなると、Ubuntu側のいろいろな論文が救出できない。

なのでLinuxでファイルを操作する必要がある。似たような事態になったことがあったから、それと同様の対応をすることにする。

①Knoppixをダウンロードし、今使えるWindows VistaでCDに焼く
  Knoppixのページ(一番上の最新版リストに表示されるCD版をダウンロードした)
  詳しいページ

②BIOSの設定を変更し、Knoppixを起動する
やり方:
Knoppixのisoファイルをダウンロードしてきても、これをそのままCDに焼けばいいというものではない。こちらのサイトにある手順に従い、isoを使ってKnoppixを動かすためのCDを作成する。使用したCDManipulatorというソフトをダウンロードして使った。

(Knoppixは、たしか作ったおじさんが、CD1枚でシステムを持ち歩けるようにする、という動機から作られたものだった、ような・・・・)

その後(DELLのInspironではこれでうまくいきました):
①KnoppixのCDがPCに入った状態で起動する。
②BIOSからSetUpに入る(起動してすぐにF2あたりを押す)
③BootDeviceConfigurationの項目内で、FirstBootDeviceをCDROMに設定する
④必ずsaveしてBIOSを出る
⑤Knoppix起動
Windowsのファイルであればこれで救出可能。なのだが、デュアルブートしたUbuntuのデータ救出には失敗した。

次に試したこと:
UbuntuのISOイメージを焼いて起動してみる。
①上に書いたKnoppixと同じ手順でISOイメージを作成した
②CDからUbuntu起動
 →Try Ubuntuを選択
③・・・・ダメだ・・・検索しても出てこない。Windows側のファイルは全部見れるのに・・・・どういうことだ??

どうやら完全にUbuntu側が死んだらしい。参考にならないな。

Ubuntuは再インストールが必要かな・・・・めんどいな。
RのggplotやPythonのmatplotlibを使いたいから、そうなるとWindowsだといろいろと厳しい。PC2台目を買って、Ubuntuのみインストールして使うというのもありなんだけど、自宅にデスクトップ二つというのもどうかと思うし、買うならノートPCだし・・・・

→ 今の死んだUbuntuのアンインストールが必要。再インストールも必要。たしかVistaの場合、IMEか何かが悪さをするはず。Wubiを使えばいいはず。

Linux コマンド集

データファイルの行数を調べる

$ wc データ名.dat


こうすることで、

451154 31580710 348290302 データ名.dat


などと表示される。意味は、
「このファイルは451154行のファイルで、単語が31580710語含まれていて、サイズは348290302byteです」
ということ。





epsファイルをpngへ変換する


epsで作成した画像をconvertコマンドでpng形式に変換しようとすると、図の中に白い線が入ったり、文字が汚くなったり、画像が粗くなる場合が多い。これは、変換の際に解像度が悪くなるためらしい。以下のようにすると解決された:

$ convert -density 288 -geometry 50% picture.eps picure.png






epsファイルのpng形式への一括変換

$ mogrify -density 100 -format png *.eps







tar.gzファイルの解凍


tar xvzf ファイル名.tar.gz
Profile

zoa

Author:zoa
Metropolis (1927)

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Labels
Admin
Previous Posts
Recent Comments
Recent Trackback
Archive
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。